ギャバってなあに?

不眠症サプリにはさまざまな成分が含まれています。そのなかでもよく目にするのは「ギャバ」という成分です。正確にはガンマアミノ酪酸といい、英語の頭文字をとってGABA(ギャバ)と呼ばれています。ギャバは脳や脊髄に多く含まれているアミノ酸の一種のことです。リラックス効果があり、チョコレートなどにも配合されていたりします。グルタミン酸という成分は興奮作用があります。ベッドに入ってもなかなか寝付けないときは、グルタミンが作用している可能性があります。ギャバにはグルタミンを抑え心を落ち着かせる効果があるのです。ギャバは睡眠中に作られます。ですから、ギャバが減少して不眠になると、さらにギャバが作られない、もっと不眠に陥るといった負の連鎖が起きてしまいます。そこで、不眠が気になるのであればギャバを食事で補給しなければなりません。ギャバは発芽玄米、お漬物、醤油、味噌、キムチなどに多く含まれますが、効率よく摂取するのであれば、やはりサプリメントは効果的です。

ギャバを多く含むおすすめのサプリ

DHCの「ギャバ30日分」には一粒200mgと豊富なギャバが含まれています。ただし、その他の栄養素は含まれていないので、ビタミンB6やマグネシウムなどを他のサプリメントで補うとより不眠に効果的でしょう。fromCOCOROの「潤睡ハーブ」にもギャバが含まれています。その他にも18種のアミノ酸、7種のミネラル、17種のビタミンが含まれているので、バランスよく不眠に効果的な栄養素を摂取することができるでしょう。